キャッシングは何かと便利に使えるのです

私が予想していた以上に支出が増えてしまったときがありました。給料日まではまだしばらくありました。銀行の口座には数万円のお金が入っていましたが使うわけにはいきません。使ってしまうとガス料金や電気料金、通信料金の引き落としができなくなってしまう恐れがあるからです。最善の策をいろいろと考えて、消費者金融系のキャッシングに申し込んでみることにしました。同僚にキャッシングの利用者がいるので私も使ってみようと思ったのです。キャッシングには審査のあることは知っていましたが、同僚が受かったのだから私も受かるだろうと思いました。

私は正規の従業員として働いています。審査試験には正規の従業員は合格しやすいと聞いたこともあります。審査に落ちることはないだろうと思いながらスマートフォンで消費者金融にキャッシングの申請を行いました。スマートフォンからキャッシングの申請ができるのですから便利な時代だなと思いました。世界には多くの消費者金融系のキャッシングがありますが、私は30日間、無利息でキャッシングを使用できるところを選びました。給料日までの繋ぎ融資を受けたいと思っていたので返済期間は30日以内で済ませられます。そうであれば30日間無利息キャッシングを利用したほうが利息を払う必要がない分だけお得になります。このような経緯を経て私はキャッシングの利用者となりました。キャッシングは何かと便利に使えるので申し込みをして良かったと感じています。

キャッシングの申し込みは慎重に

キャッシングの申し込みは慎重にしなくてはなりません。なぜならキャッシングの第一のポイントは「信頼性」だからです。仮にもしあなたが人にお金を貸す逆の立場だったらいかかでしょうか?この人を信用して貸せるかな?ちゃんと返済してくれるかな?と思う事でしょう。キャッシングの申し込みも同じです。借りる側、貸す側お互いが信頼し合って利用するのが良いと思います。わざとではなくても嘘の登録情報や申請が通ってしまうと申請が無くなってしまいます。なので申し込みは慎重にしてください。

最初の申し込みでの登録の確認、特に電話番号や住所のちょっとした間違いは相手に少なくともいい印象は与えないです。しっかりした人を印象付けるために情報は間違いなく申請が必要です。最初の登録が終わると、仮審査が終わり、本審査にうつりますが、ここでも落ち着いて慎重にならなければなりません。在籍確認や収入証明、本人確認など大切な登録が続きますので分からないことや、ちょっと不安だなと思う事は恥ずかしがらずに聞いてみるのがいいです。誰でもキャッシングの申し込みは慣れていないものですから分からないことが多いのが当然です。落ち着いて冷静に話をすすめていけばほとんどのキャッシングのスタッフの方は親切丁寧教えてくれます。

学生でもキャッシングすることができるのか

学生さんは学業も当然大事ですが、社会人になるまでに様々な経験を積むのも大事なことです。

そのためにはやっぱり交際費をはじめ、色々とお金がかかるものですね。

できればアルバイトで一生懸命働いて、そのお金で工面するのが一番いいのですが、時として出費が予算オーバーすることもあるでしょう。

そういう時、キャッシングを利用したいと考える方も多いようです。

大手のキャッシング業者だと、契約の条件として20歳以上であることという項目があります。

大学生だと未成年の方もいらっしゃいますが、残念ながら未成年は大手業者の審査には通りません。

ただ、未成年でも結婚していれば成人と同等にみなされるので、年齢の要件はクリアできます。

次に、安定した収入があること、過去または現在何のローンも延滞していないということも重要です。

収入に関してはアルバイトでも大丈夫ですが、勤続期間があまりにも短いと落とされる可能性が高くなります。

ローンに関しては、延滞した記憶はなくても、例えば携帯料金をカード払いにしていて口座引き落としができなかったという場合も、信用情報としてはブラックになっている可能性があります。

そして条件をクリアして無事審査に通ったとしても、借り入れできるのは10万円程度の少額だと思っておいた方が無難でしょう。

モビットでバレない借り入れ※即日融資で対応しています!
http://loanstyle.info/mobiguide/

キャッシング利用と返済について

今回は、キャッシングと返済について、という話題について考えてみたいと思います。

そもそもキャッシングとはどんな仕組みのことを言うのでしょうか。

キャッシングとは簡単に言ってしまえば

「急な出費や現金での支払いが必要になったときにクレジットカードやキャッシングカードをATMで使って、消費者金融や銀行から借金をする」といったところです。

もっと身近に考えてしまえば、「買い物をする店がクレジットカードを使用できない場合、口座に現金も無ければ手持ちも無い。仕方ないので近くのATMに寄って

お金を借りてくる。」といった感じでしょうか。

つまり、クレジットカードと同じようにその場は銀行や消費金融のお金で立替払いしてもらって、後ほど返済するというような考え方で大筋は大丈夫です。

ですから、返済についてもほとんどクレジットカードと同様で、キャッシングを利用した日時から翌月の支払日に返済することがほとんどです。

(例:9月末締、翌28日払いの場合で9月19日にキャッシング10,000円利用→10月28日に借り入れた10,000円+利息を返済)

返済方法について、リボルビング払いなどもできる消費者金融もあるようですが利息を考えると一括払いが理想かもしれませんね。

各銀行、消費者金融によって利息や返済方法は異なりますのでホームページ等を参考にご自分に適した機関を選定してください。

消費者金融のキャッシング審査基準と方法

お金が足りない、急にまとまったお金が必要になった、そんなときに凄く便利で簡単な消費者金融、よく町中にある店舗のような人目でわかる仕様。中にはいるとなんと無人です。自動ドアが開きそのなかで、いろいろ質疑応答が行われます。身分証明書の提示、

勤め先、電話番号、勤続年数、キャシングの目的は何ですか、とにかく些細なこともいろいろ聞かれます。嘘をつく必要はないので、ありのまま正直に申込書に記入しましょう。画面を見ながらの作業になるのですが、オペレーターとは画面越しに直で繋がっています。わからないことがあればオペレーターに質問しても大丈夫です。申込書の記入欄に何も問題がなければほぼほぼ、審査にとうることまちがいないでしよう、その場で審査結果がわかるので、非常に便利です。

審査にとうったら、そのままATM にいって、決まった借入枠の範囲で借り入れできるようになります。くれぐれも使いすぎには注意してください。

キャッシングの審査に求められること

キャシングを利用する際には必ず審査を受けることが必須ですが、審査を通過できる人と通過できない人がいます。金融機関ではどのようなことを確認しているのか確認してみましょう。

本人の信用度を確認しますので、勤務先(大企業か、中小企業か)、雇用形態(正社員か、契約社員か)、勤続年数(10年以上、1年未満など)、住居形態(持ち家か、借家か)、家族構成(妻子はいるのか)などを確認しています。

次に、個人信用情報を確認します。個人信用情報とは過去に債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)をしていたり、クレジットカードやキャッシングの返済が滞っている場合に、こちらに登録されます。いわゆるブラックリストにのると言うことです。

これから審査して、お金を融資した場合にきちんと返済してくれるのか否かを判断しているわけです。審査を通過できない人は上記の審査項目を確認していただき、少しでも通過しやすい状態にもっていくことが重要です。

Copyright 審査にのぞむ前に知っておきたいキャッシング講座 2017
Tech Nerd theme designed by FixedWidget