学生でもキャッシングすることができるのか

学生さんは学業も当然大事ですが、社会人になるまでに様々な経験を積むのも大事なことです。

そのためにはやっぱり交際費をはじめ、色々とお金がかかるものですね。

できればアルバイトで一生懸命働いて、そのお金で工面するのが一番いいのですが、時として出費が予算オーバーすることもあるでしょう。

そういう時、キャッシングを利用したいと考える方も多いようです。

大手のキャッシング業者だと、契約の条件として20歳以上であることという項目があります。

大学生だと未成年の方もいらっしゃいますが、残念ながら未成年は大手業者の審査には通りません。

ただ、未成年でも結婚していれば成人と同等にみなされるので、年齢の要件はクリアできます。

次に、安定した収入があること、過去または現在何のローンも延滞していないということも重要です。

収入に関してはアルバイトでも大丈夫ですが、勤続期間があまりにも短いと落とされる可能性が高くなります。

ローンに関しては、延滞した記憶はなくても、例えば携帯料金をカード払いにしていて口座引き落としができなかったという場合も、信用情報としてはブラックになっている可能性があります。

そして条件をクリアして無事審査に通ったとしても、借り入れできるのは10万円程度の少額だと思っておいた方が無難でしょう。

モビットでバレない借り入れ※即日融資で対応しています!
http://loanstyle.info/mobiguide/

業種によってキャッシング審査は有利になる?

キャッシングの審査でいちばん重視されるのは年収です。これはその人の返済能力に直接関わる項目ですから、多ければ多いほど審査では有利になります。これに関連して、就いている仕事の種類によっても審査は有利になると言われます。例えば、高収入の代表例である商社や金融業界で働いていれば、審査は有利になるという具合にです。

ただ、これには異論もあります。確かに業界によって平均年収は異なります。しかし、金融業界を例にとっても、給与の額は会社でピンキリです。さらに個人でも勤続年数や役職によって収入は大きく変動します。つまり、働いている業界だけを見ても、その人の返済能力をはかることはできないというのです。

実際にかつての審査では働いている業界をみられたこともあります。しかし、現在はその人自身の年収のみが調査の対象になることが多いようです。というのも、業界などを考慮しなくてもその人の収入さえ調べれば返済能力はわかるからです。働いている業界による審査の有利不利は、現在はほぼなくなっているといってもよいでしょう。

キャッシング審査において勤続年数の影響はあるのか?

キャッシングの審査ではどういった企業に勤めているかのほか、どれだけの期間そこで働いているかも調べられます。返済能力に直接関わる事項ではないのですが、この勤続年数も審査に影響を与える可能性があります。

審査で有利に扱われるのはおおよそで3年以上の勤続年数がある場合です。これだけ長期に勤務していればその人が仕事を辞め、収入が途絶える可能性は低いからです。一方で、1年未満の場合は審査では不利に扱われることもあります。特にその仕事に就いて数ヶ月で申し込みをしても審査で蹴られてしまう可能性があります。最低でも半年、というのが暗黙の了解になっています。

ただ、要求される勤続年数は希望する融資額によって違ってくるとも言われています。審査で収入証明が求められるのは50万円を超える金額からですが、それと同様に50万円以下の金額を希望する時は、半年未満の勤続期間でも審査に通るキャッシングもあるのです。これは各キャッシングで審査基準が異なりますが、少額であればそれほど勤続期間には厳しくないようです。

消費者金融のキャッシング審査基準と方法

お金が足りない、急にまとまったお金が必要になった、そんなときに凄く便利で簡単な消費者金融、よく町中にある店舗のような人目でわかる仕様。中にはいるとなんと無人です。自動ドアが開きそのなかで、いろいろ質疑応答が行われます。身分証明書の提示、

勤め先、電話番号、勤続年数、キャシングの目的は何ですか、とにかく些細なこともいろいろ聞かれます。嘘をつく必要はないので、ありのまま正直に申込書に記入しましょう。画面を見ながらの作業になるのですが、オペレーターとは画面越しに直で繋がっています。わからないことがあればオペレーターに質問しても大丈夫です。申込書の記入欄に何も問題がなければほぼほぼ、審査にとうることまちがいないでしよう、その場で審査結果がわかるので、非常に便利です。

審査にとうったら、そのままATM にいって、決まった借入枠の範囲で借り入れできるようになります。くれぐれも使いすぎには注意してください。

キャッシングの審査に求められること

キャシングを利用する際には必ず審査を受けることが必須ですが、審査を通過できる人と通過できない人がいます。金融機関ではどのようなことを確認しているのか確認してみましょう。

本人の信用度を確認しますので、勤務先(大企業か、中小企業か)、雇用形態(正社員か、契約社員か)、勤続年数(10年以上、1年未満など)、住居形態(持ち家か、借家か)、家族構成(妻子はいるのか)などを確認しています。

次に、個人信用情報を確認します。個人信用情報とは過去に債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)をしていたり、クレジットカードやキャッシングの返済が滞っている場合に、こちらに登録されます。いわゆるブラックリストにのると言うことです。

これから審査して、お金を融資した場合にきちんと返済してくれるのか否かを判断しているわけです。審査を通過できない人は上記の審査項目を確認していただき、少しでも通過しやすい状態にもっていくことが重要です。

Copyright 審査にのぞむ前に知っておきたいキャッシング講座 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner