アコムのビジネスサポートカードローンの特徴

多くの金融機関が取り扱いをしているビジネスローンとは、主に個人事業主をサポートする目的で商品の提供がされており、ビジネス資金の調達に腐心することの多い個人事業主の方が度々利用しているローンサービスであると言っても過言ではありません。世の中には数々のビジネスローンの取り扱いがありますが、多くの個人事業主の方におすすめできるビジネスローンがアコムのビジネスサポートカードローンとなります。

同カードローンはすでにあと契約してカードローンを利用している人でも審査を経てビジネスサポートカードローンへの切り替えが可能ですし、通常のカードローンの場合は総量規制のために年収の3分の1を超える借入は不可となっていますが、このカードローンは年収の3分の1を超える借入にも対応しているという特徴があります。

最短で申し込みを行った当日からの借入にも対応していますし、電話で問い合わせをした際にその場で契約可能か否かの簡易診断を行ってもらうこともできます。

なおビジネスサポートカードローンの詳細ですが、融資限度額は最高で300万円まで、実質年率は18.0%から12.0%となっています。またインターネットからの契約申し込みには対応していないという点に注意が必要です。

銀行ローンの他のところよりも良い点とは

色々なキャッシング、カードローンサービスがありますが銀行ローンのよいところは金利が安いところです。もちろん、これは絶対的ではないのですがそれでも十分に借りる価値はあるでしょう。銀行ローンはややハードルが高くなっていることが多いのですが、それでも金利が安いのであればそちらを意識して申し込みをしていったほうがよいでしょう。

それが自分の為になることであるのは言うまでもないことです。お金を借りることは悪いわけではないのです。自己の責任は利息と元金の返済という形で果たしているといえるでしょう。

それは間違いなく言えることです。問題は返済に関することです。その時に大変になってくるのがやはり利息であるわけです。その為、銀行ローンのように金利が安い傾向があるところをまずは目指すのが当たり前になっているのは基本中の基本であるといえます。消費者金融系よりはやはり銀行系にしたほうがよいに決まっているのは金利が安いからなのです。

みずほ銀行カードローンのポイントについて

都市銀行のみずほ銀行からリリースされているカードローンは、申込のしやすさや利用のしやすさに特徴があるカードローンと言っても過言ではありません。しかし一口に申込や利用がしやすいと言っても具体的にはどのように申込と利用がしやすくなっているのでしょうか。

・申込について

様々な申込手段がありますが、特に楽な申込手段と言えるのが、インターネットからの申し込みとなります。24時間365日申し込みができますし、web完結申込ならばキャッシング即日融資も可能となっています。さらにインターネットバンキング経由で申し込みをすれば本人確認書類の提出は不要となっています。

・利用について

みずほ銀行カードローンのキャッシングカードは希望をすれば、同行のキャッシュカードと一体化したカードを選択することができます。1枚で2つの役割をこなすカードの発行が利用できるので、カード管理が楽になると考えられます。またみずほ銀行ATMの他、コンビニATMからも返済や借り入れを行うことができます。

カードローン業者を活用すること

いざという時にお金を借りたいのであればカードローン業者を活用すると良いでしょう。しかし、本当にいきなり必要になったときにいちいち申し込みをしているのでは間に合わないことが多いでしょう。では、どうすればよいのか、といいますとそれは事前に申し込みをしておく、ということで解決できます。つまりは、カードを発行してもらっておくわけです。

それだけでかなり解決することができるようになるでしょう。そうすれば安心して利用できる金額が確保されることになります。極度方式という形で借りることになりますから、最初にいくらまでならば貸せる、ということがカードローンのカードに設定されているわけです。つまりは、その金額までならばいつでも都合できるようになります。これがカードローンの素晴らしいところであると言えるでしょう。少しでも条件が良いところを常に探すようにして、利用できるカードローンを確保しておくとよいです。それがプラスになります。

審査落ちした業者に再び申込は有効か

キャッシングの審査に落ちると、自分を否定された気分になりますよね。そんな時、年収が上がったり、借入金が減ってきたのでリベンジ申込をしたくなるかと思います。リベンジ申込について検証します。

結論から言うと、リベンジ申込は成功確率が薄いです。審査担当者があなたを審査落ちにしたのは単純に信用状態が悪いなど何らかの理由があるからです。

また、審査落ちした所に再度申し込んできた人を審査担当者はどう感じるでしょうか。そんなに我が社に好意を抱いてくれているのか、審査にプラス点を与えようと思うでしょうか。答えはノーです。

審査担当者は、この人はなんでうちの会社に拘りを持つのだろう。何か企んでいるんじゃ無いかと、取り敢えず審査に通過させてもいい水準でも審査落ちの判断を下すでしょう。

この様に、審査落ちをした会社に再度リベンジ申込をする事はマイナス面以外に全くありません。

審査に落ちた事はサッパリ忘れて、新しい金融業者に申込をしましょう。

業種によってキャッシング審査は有利になる?

キャッシングの審査でいちばん重視されるのは年収です。これはその人の返済能力に直接関わる項目ですから、多ければ多いほど審査では有利になります。これに関連して、就いている仕事の種類によっても審査は有利になると言われます。例えば、高収入の代表例である商社や金融業界で働いていれば、審査は有利になるという具合にです。

ただ、これには異論もあります。確かに業界によって平均年収は異なります。しかし、金融業界を例にとっても、給与の額は会社でピンキリです。さらに個人でも勤続年数や役職によって収入は大きく変動します。つまり、働いている業界だけを見ても、その人の返済能力をはかることはできないというのです。

実際にかつての審査では働いている業界をみられたこともあります。しかし、現在はその人自身の年収のみが調査の対象になることが多いようです。というのも、業界などを考慮しなくてもその人の収入さえ調べれば返済能力はわかるからです。働いている業界による審査の有利不利は、現在はほぼなくなっているといってもよいでしょう。

キャッシング審査において勤続年数の影響はあるのか?

キャッシングの審査ではどういった企業に勤めているかのほか、どれだけの期間そこで働いているかも調べられます。返済能力に直接関わる事項ではないのですが、この勤続年数も審査に影響を与える可能性があります。

審査で有利に扱われるのはおおよそで3年以上の勤続年数がある場合です。これだけ長期に勤務していればその人が仕事を辞め、収入が途絶える可能性は低いからです。一方で、1年未満の場合は審査では不利に扱われることもあります。特にその仕事に就いて数ヶ月で申し込みをしても審査で蹴られてしまう可能性があります。最低でも半年、というのが暗黙の了解になっています。

ただ、要求される勤続年数は希望する融資額によって違ってくるとも言われています。審査で収入証明が求められるのは50万円を超える金額からですが、それと同様に50万円以下の金額を希望する時は、半年未満の勤続期間でも審査に通るキャッシングもあるのです。これは各キャッシングで審査基準が異なりますが、少額であればそれほど勤続期間には厳しくないようです。

消費者金融のキャッシング審査基準と方法

お金が足りない、急にまとまったお金が必要になった、そんなときに凄く便利で簡単な消費者金融、よく町中にある店舗のような人目でわかる仕様。中にはいるとなんと無人です。自動ドアが開きそのなかで、いろいろ質疑応答が行われます。身分証明書の提示、

勤め先、電話番号、勤続年数、キャシングの目的は何ですか、とにかく些細なこともいろいろ聞かれます。嘘をつく必要はないので、ありのまま正直に申込書に記入しましょう。画面を見ながらの作業になるのですが、オペレーターとは画面越しに直で繋がっています。わからないことがあればオペレーターに質問しても大丈夫です。申込書の記入欄に何も問題がなければほぼほぼ、審査にとうることまちがいないでしよう、その場で審査結果がわかるので、非常に便利です。

審査にとうったら、そのままATM にいって、決まった借入枠の範囲で借り入れできるようになります。くれぐれも使いすぎには注意してください。

キャッシングの審査に求められること

キャシングを利用する際には必ず審査を受けることが必須ですが、審査を通過できる人と通過できない人がいます。金融機関ではどのようなことを確認しているのか確認してみましょう。

本人の信用度を確認しますので、勤務先(大企業か、中小企業か)、雇用形態(正社員か、契約社員か)、勤続年数(10年以上、1年未満など)、住居形態(持ち家か、借家か)、家族構成(妻子はいるのか)などを確認しています。

次に、個人信用情報を確認します。個人信用情報とは過去に債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)をしていたり、クレジットカードやキャッシングの返済が滞っている場合に、こちらに登録されます。いわゆるブラックリストにのると言うことです。

これから審査して、お金を融資した場合にきちんと返済してくれるのか否かを判断しているわけです。審査を通過できない人は上記の審査項目を確認していただき、少しでも通過しやすい状態にもっていくことが重要です。

Copyright 審査にのぞむ前に知っておきたいキャッシング講座 2016
Tech Nerd theme designed by FixedWidget